秋田県~戦うブログ~

秋田県で生き残るための提言です

秋田の再建へ

まず、7月22日、23日の秋田の大雨の被害にあった方に対し、心からお祈り申し上げるところです。

 

私も大雨の影響により休みなく働いています。

 

 

秋田県では、知事や部長がゴルフで遊んでいたため、秋田に戻れないという危機管理のなさを露呈したところです。

 

なんとまあですが、とうとう自分の身は自分で守る時代に突入したのではないかと感じさせれた災害でした。

 

自治体の情報もそうですが、危ないと思ったら自ら行動に移さなければなりません。

 

そのような意味では、みずから情報を仕入れ、自治体の情報を待たなくとも自ら動くことが大事に感じました。

 

災害時に関わらずですが、金銭面に関しても、企業や自治体に頼るのではなく、みずから貯めて、投資し、、増やすことが自らを守る第一歩になると思われます。

 

このように複雑化した社会では、従来のように周囲の人も余裕がなくなってきておりますので気にかけてくれることも少なくなっているでしょう。

 

本当に住みにくい世の中です。何かあれば、相手を罵倒したりする人も少なくありません。多くの人が不満を持って生きている証拠ではないでしょうか。

 

さてあれ、今回の災害において危惧していることは、さらなる若者の流出です。

今回のことが契機となり、秋田には期待できないとのことで地元を離れる、もしくは将来的に離れたいと思う若者が増えていないことを願うばかりです。

 

我々、若い人々で秋田を再建に向けて、頑張っていきましょう。