秋田県~戦うブログ~

秋田県で生き残るための提言です

秋田県で2020年まで起こりそうなこと

①人口95万人割れ

②出生数5,000人割れ

③婚姻数3,500件割れ

秋田県平均年齢55歳

⑤店舗数減少・倒産の加速

労働力人口の減少・雇用はあるが需給とのミスマッチ

⑦県民平均所得の減少

⑧空き家率の増加

⑨路線価最高地点が全国最下位

⑩学校の統廃合が加速化

⑪高齢化率が県平均30%越え

老老介護が増加      などなど年数を経るごとに秋田県はやばくなる

 

高齢化進む→労働力の減少→労働市場の需要過大→低賃金・低保障→労働力の確保困難→労働者の負担大→離職の労働市場の負のスパイラルに陥るだろう。

本来なら、好待遇で人を確保し解消するが秋田県はそんなことしない。

そのため、既存労働者の負担大→離職がすすんでもおかしくない。

 

子供の減少→保育園・幼稚園減少→先生供給過大→保育園・幼稚園の先生を目指している人は県外へ 雇用機会の損失

 

子供の減少→学校の減少→選択肢減少→将来の機会の損失

子供たちは減少により本来できるはずの野球やサッカーなどの部活動ができなるなり、選択肢が減少 あらかじめ決められたものしかできなくなる

 

高齢者の増加→医療費・介護費の増加、年金保険料の増加→現役世代の負担増加

ますます進むだろう

 

ホントにこれからの時代は、考えられないようなことがたくさん起きるはず。

事前に下調べしておいて、仮説を立てている人であれば、秋田県には住むことはないだろう。